不妊治療の王道処方、当帰芍薬散

こんな方向け

・妊活中の方
・漢方に興味のある方
・冷え性の方

妊活に使われることの多い漢方。当帰芍薬散についてをご紹介します。

そもそも不妊って何が原因?

一人の女性が、妊娠するまでには排卵・受精・着床など様々な過程があります。その一つにでも問題が生じれば、妊娠することはできません。

ストレスや、冷えが強い人は、ホルモンバランスを崩しやすいと言われています。ホルモンバランスが崩れたり、血が内臓を十分に巡らず、冷やしてしまうと、妊娠に十分な母体の状態を作ることが難しくなってしまうのです。

また、「冷え」は現代人にとって珍しいことではなく、多くの女性が月経不順や月経痛などによって実感しています。

不妊の原因である「冷え」は漢方でケアできる

西洋医学では、「冷え」を、病気として治療の対象にしていません。

一方で、漢方を含め東洋医学ではこの「冷え」も、「冷え性」といい、万病の元として治療の対象にしています。漢方薬で妊娠に備え、冷えも含めた体質を改善していく治療をしていきます。

漢方は国に認められている医薬品ですので、サプリよりも効果を期待でき、信頼して使うことができます。

「当帰芍薬散」は冷え性の改善が期待できる漢方

漢方の考え方で冷えの原因となると考えられている体質が4種類あります。
①血が足りない状態を「血虚(けっきょ)」
②血の巡りがわるい状態を「瘀血(おけつ)」
③水分が動かずに溜まっている状態「水毒(水毒)」
④エネルギーが不足している状態を「気虚(ききょ)」と呼びます。

漢方医学では①②③④全てが不妊の原因になるととらえます。

冷え性の中でも貧血気味でむくみが強い方には、血虚と水毒を合併しているととらえ、「当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)」が処方されることが多いです。

当帰芍薬散は当帰、川芎、芍薬、茯苓、白朮、沢瀉などから構成され、東洋医学で栄養と潤いの源である「血」を補い治療します。「水」を巡らせることで、水毒体質をケアすることができ、体の余分な水分を除きながら冷えやむくみなどを和らげる役割をします。

不妊の改善ができる漢方薬は他にも

冷え性に対しての漢方薬は様々なものがありますが、特に不妊でお悩みの場合は当帰芍薬散の他に、加味逍遙散、桂枝茯苓丸、八味地黄丸などを用います。

わたし漢方では、多数の種類の中から個人の体質や、今の治療状況に合わせて漢方薬を処方するので、より効果を実感しやすくなります。

医薬品なので、正しく服用することが何より大切です。自分の体質に合ったものを選ぶためには、専門知識をもった医療専門家に必ず相談するようにしましょう。

漢方処方は専門家に相談を

東洋医学と西洋医学は、根本的に考え方が違います。

西洋の考え方をする現代医療の不妊治療と並行して利用することは可能ですが、漢方は専門の薬剤師に相談することが、お子さんを授かる第一歩です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

わたし漢方ならいつでもLINEで漢方相談ができる

LINEで相談できるから気楽

忙しい毎日のなか、定期的に漢方薬局に通うのは大変。そんなあなたに、LINEで相談できる新しいタイプの漢方薬局「わたし漢方」が登場しました。LINEで相談できるから、いつでもどこでも、空き時間に漢方相談ができます。

漢方の専門家が体質を診断

漢方に詳しい専門家があなたの体質を診断します。これまでに6000人以上が漢方相談に訪れています。

気に入ったらすぐに買える

LINEでの相談は無料です。

提案された漢方薬を試してみたくなったら、LINE上で購入することができます。最短で即日発送します。
時間があるときにあなたのペースで問診に答えることができるので、まずはLINEに友だち追加してみませんか?わたし漢方をLINEに追加


無料で漢方相談をはじめる

関連する記事