漢方で痩せやすい体質を身につけよう!ダイエットの効果を上げる体質別アプローチ法

こんな方向け

・ダイエットの効果をあげたい
・ダイエットをしている
・太りにくい身体にしたい

内容

薄手の服に袖を通す季節になりました。肌を露出する機会も増え、ボディラインが気になる方が増えてきているかと思います。
夏に向けてダイエットをしているという方も多いのではないでしょうか?

今回は漢方と痩せにくい体質についての記事です。

意外なダイエットと漢方薬の関係

太り方は人によって違いがあります。全身、お腹周り、下半身など体型も違いますし、太りやすくなっている原因も体質によってさまざまです。

漢方の考え方ではひとりひとりに合った漢方薬を選んでいくことで、より効率的に身体の巡りを整え、代謝を高めていくことができます。

また、ダイエットに限った話ではないですが、漢方薬を飲む際は十分気をつけなくてはいけません。怖いのが、自己判断で体質に合わないものを選んでしまうとかえって逆効果になることです。

防風通聖散を飲めば良いというわけではない

防風通聖散は、市販でも手に入りやすく有名なので、多くの方々がダイエット目的に試したことがあるかもしれません。

しかし、防風通聖散はかなり実証向きの漢方です。実証というのは、簡単にいうと身体が強くガッチリ目(質実剛健)の体型の方です。

そのような体質の方の中でも特に、油分などの食べ過ぎや便秘が重なり、体内に熱がこもっている方の熱を便とともにじゃーっと出すことで効果を発揮します。

ここで、体質が合わない方が飲んでしまうと、きつい下痢に悩むことになったりなど副作用に苦しむことになります。また、必要以上に熱を発散しすぎて身体を冷やしてしまったりと、ダイエットに逆効果になることもあります。

つまり日本人女性は華奢なので、効き目を発揮できる体質の人は意外と少ないのです。

太っていると言っても、日本人の女性はガッチリというよりはぷにぷにしたタイプで悩んでいる方が多いイメージです。

漢方薬は体質によってどう違うの?

漢方薬の処方は冷えがちだったり、むくみがちだったり、貧血気味だったりと体質と症状によって異なってきます。

今日は特別に痩せにくくなっている原因と考えられる体質とその特徴・アプローチ法をまとめてみております。ぜひ参考にしてみてください。

ストレス太りの方【気滞(きたい)タイプ】

ストレスが多く、体重の増減が激しいタイプの方は漢方の理論でいう、”気滞太り”タイプ。

気の巡りを良くする漢方で、ストレスで落ちていた新陳代謝を回復させるとともに、食べ過ぎなども防止していくことで太りにくい身体づくりをしていきます。

漢方薬では、柴胡など気を巡らせていく生薬を含んだものを選んでいきます。

水たまり太り【水滞(すいたい)タイプ】

「冷えたりむくみがちな方は、水分代謝が落ちてしまって体内に水がたまってしまう水滞太りタイプ。

冷えているということは代謝が悪いということなので、温める方向で漢方を用います。また、合わせて水分代謝をUPすることで、体内に停滞している水を外に流してあげることでやせやすい身体をつくっていきます。

水を流すために、ブクリョウ、白朮などが入った漢方薬を選んでいきます。冷え方によって温めるための生薬も変わってきますので、体質によって選んでいきます。

血がドロドロ太り【瘀血(おけつ)タイプ】

吹き出物が出たり、肩こり・生理痛が辛い方は、血行が悪くなり新陳代謝が落ちてしまっている瘀血太りタイプ。

血の巡りが滞り、老廃物を身体に貯めこんでしまっている状態なので、まずは溜まったものを外に出し、脂肪として貯めこまない身体づくりが必要です。

血巡りを良くして新陳代謝を活発にするために、桃仁や牡丹皮などが入っている漢方を選んでいきます。

小食なのになぜか太る【気虚(ききょ)タイプ】

あまり食べないのに太ったり、疲れやすかったりする人は気虚太りタイプ。

代謝や栄養をしっかり吸収・代謝・排泄するためにはエネルギーが必要です。そうした新陳代謝をうまくまわしていくためのエネルギー(漢方理論でいう気)が足りないために、新陳代謝が悪くなってしまいます。筋肉も落ち身体のラインも崩れがちです。

いわゆる隠れ肥満タイプ、というのはこの体質でしょうね。

食べる量を減らすとさらに「気」が不足し悪循環なので、「気」を補って代謝を高めていく必要があるので、黄耆などが含まれた漢方を使い、気を補い代謝を上げていきます。

このように体質によっては、ダイエットをするために逆にエネルギーを補充しなければいけない、そんな変わったアプローチが必要な方もいらっしゃります。

身体に合った漢方薬で痩せやすい身体を手に入れよう

これだけでなく、皆さんの細かい症状などに合わせていくともっとたくさんの処方に分かれます。

漢方薬でのダイエットとは、痩せにくくなっている身体を、体質・太りやすくなっている原因ごとに違う漢方薬を使い、その方へのオーダーメイドのアプローチで痩せやすい体に変えていくのです。

体質改善の一番大事な点は、自分に合った漢方薬を見つけることなので、漢方薬を飲み始める際は、必ず専門の漢方医や、薬剤師に相談してください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

わたし漢方ならいつでもLINEで漢方相談ができる

LINEで相談できるから気楽

忙しい毎日のなか、定期的に漢方薬局に通うのは大変。そんなあなたに、LINEで相談できる新しいタイプの漢方薬局「わたし漢方」が登場しました。LINEで相談できるから、いつでもどこでも、空き時間に漢方相談ができます。

漢方の専門家が体質を診断

漢方に詳しい専門家があなたの体質を診断します。これまでに6000人以上が漢方相談に訪れています。

気に入ったらすぐに買える

LINEでの相談は無料です。

提案された漢方薬を試してみたくなったら、LINE上で購入することができます。最短で即日発送します。
時間があるときにあなたのペースで問診に答えることができるので、まずはLINEに友だち追加してみませんか?わたし漢方をLINEに追加


無料で漢方相談をはじめる

関連する記事