むくみ太りはこうやって燃やす!水太りタイプの人の漢方ダイエット法

こんな人向け

こんな人は水太りタイプかも!?
・汗をよくかく
・お腹が緩め
・脚や顔がむくみやすい
・疲れやすい
・体が重だるい

漢方の考えでのダイエットってどういうものなの?

季節柄か、5月の終わり頃からわたし漢方でも、ダイエットのお悩みは増えています。やっぱりみなさん夏前に体型のことは気になるみたいですね。

そもそも太るというのは、体の中に貯めこんだ余分なモノをうまく外に排出できないために起こります。漢方は、代謝を上げて身体の中の余分な老廃物を対外にデトックスしていき、脂肪が燃えやすく痩せやすい身体づくりをサポートしてくれます。

しかし、太り方にも個人差があります。身体の中に余分に溜まっているものの性質により、漢方ダイエットの最短ルートは異なっており、あの人がこの漢方を飲んで痩せたから私も…という考えは禁物で、体質に合わせたものを取り入れていかないと、かえって太ってしまうなんてことも少なくありません。

漢方では太りやすい体質をいくつかのパターンに分けてアプローチしていきますが、今回は「水太り体質」の方へのおすすめアプローチを徹底解説していこうと思います。

むくみやすい・冷えやすい「水太りタイプ」

漢方の考えでは、患者を「虚証」「実証」という2つのタイプに分類して治療アプローチをします。

実証とは、ざっくりと分けると体力がある・がっしりしているタイプの方のことで、虚証とは体力が無いタイプの方のことをいいます。

まず、水太りタイプの方は「虚証」タイプの方が多いですね。

水太りタイプの方は、そもそも体全体の水分代謝が落ちている方が多いので、ぽっちゃりとした太り方をし、筋肉にしまりがない体型の方が多いです。

こういった方は太りやすいだけでなく、むくみやすい、冷えやすい、色白といった外見的特徴も持ち合わせるんですよね。

運動はしているのになかなか痩せられない、ぽっちゃりしていて体がよく冷える方は水太りタイプの体質を持っています。

「水太りタイプ」の人が食事で気を付けられること

漢方薬で代謝を助けることはもちろんなのですが、他にも、食事も少し考えながら摂っていただくととても良いです。

薬膳(漢方の考えに基づく食事療法)のアプローチでは、水太りの方はまず「冷えた体を温める」ことを最優先に考えます。

体を温めてくれる素材は、穀類、芋類、お肉の中でも特に羊肉や鶏肉などを積極的に摂ることをおすすめします。海老や鮭なども良質なタンパク源です。

また、温めることの次に水太りタイプの方が気をつけるべきなのは、「体に貯めこんでしまっている余分な水分を外に出す」というポイントです。

水分代謝を促して水の巡りを良くしてくれる食材には、とうもろこし、あずき、はと麦などがあります。夏野菜も水巡りを良くするものが多いですが、身体を冷やしてしまうので、冷えやすい水太りの方は要注意です。

ハトムギ

「水太りタイプ」の漢方薬での対策はこう考える

「余分な水分を外に出していく」という観点では、水巡りをぐんぐん上げていく生薬が重点的に配合されている処方をチョイスしていきます。

五苓散(ゴレイサン)、柴苓湯(サイレイトウ)、防己黄耆湯(ボウイオウギトウ)などが、不必要な水分を外に出していく特徴を持ち合わせた漢方薬で、その方のより細かな体質に応じて最適なものをチョイスしていきます。

水分代謝をUPしていくと同時に、「体を温める」という観点も同じく重要です。漢方では不足した「血」や「血」の巡りの悪さが冷えの原因につながることが多いので、その所見がみられる体質の方には血を補う処方を考慮します。

そして当帰芍薬散、加味逍遙散、桂枝茯苓丸などがそうした観点で選ばれる漢方薬となります。

それぞれ性格が異なる漢方薬ですので、これも「水太り」以外に持ち合わせている体質に合わせて、相乗効果を出していける選び方をしていきます。

漢方薬は医薬品です

ダイエットにも様々なサプリが出回っていますが、漢方薬はサプリとは違い「医薬品」です。実際の肥満治療にも用いられるものですから、効果はサプリより強力です。臨床的な効果も研究されています。

実際に内臓肥満型の糖尿病患者さんを対象に、防己黄耆湯を投与した大阪医科大学の臨床研究があります。漢方薬のほうが、運動療法に比べて、血清コレステロール値の低下作用や、内臓脂肪面積の減少効果、血糖値改善効果という点において効果的であったという結果が報告されています。こうした臨床データからも、漢方薬がいかに強力に肥満に効いていくかということがわかります。

強力に効果がある分、体に合わないものを使ってしまうとかえって遠回りになってしまうリスクもありますので、漢方ダイエットを試してみたい方は、専門家に相談しながら行っていくことを強くお勧めします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

わたし漢方ならいつでもLINEで漢方相談ができる

LINEで相談できるから気楽

忙しい毎日のなか、定期的に漢方薬局に通うのは大変。そんなあなたに、LINEで相談できる新しいタイプの漢方薬局「わたし漢方」が登場しました。LINEで相談できるから、いつでもどこでも、空き時間に漢方相談ができます。

漢方の専門家が体質を診断

漢方に詳しい専門家があなたの体質を診断します。これまでに6000人以上が漢方相談に訪れています。

気に入ったらすぐに買える

LINEでの相談は無料です。

提案された漢方薬を試してみたくなったら、LINE上で購入することができます。最短で即日発送します。
時間があるときにあなたのペースで問診に答えることができるので、まずはLINEに友だち追加してみませんか?わたし漢方をLINEに追加


無料で漢方相談をはじめる

関連する記事